介護職

わたしは無資格で介護業界に入り、はじめは
近いから興味ない介護職をそれだけの理由で始めました。
排泄介助は苦ではなかったのですが、
年の差がある仕事ですし、認知症の方も多く、コミュニケーションの方が苦でした。

慣れてくると、この人は認知症があって。もか、この人は絶対に返答してくださる。と、理解してきた頃には、いつの間にかコミュニケーションで悩むことがなくなっていて、大好きなおばあちゃんも出来ました!

もちろん亡くなられてしまうことを目にしてしまう職業ではありますが、最後まで見守れる、家族様たちより一緒にいる時間も長く、家族様よりも現状を理解でき、家族様よりも家族に近いような環境で一緒に生活できることは
ありがたいことだったなーと思います。

もちろん、家族様からは
私達の方が家族なのだから。と言わんばかりのクレームもあります。

私達の方がほぼ毎日一緒に生活してるのだから、私達の方が今のおばあさん、おじいさんのことを理解していたとは思いますが…

現在は退職し、数ヶ月経ちましたが、退職すると
その有り難みが身にしみて
わかります。

大好きな
おばあちゃんが
いるからなのかもしれませんが、
そのおばあちゃんに会いたい!と
よく思います。

悪い辞め方は
していないので、
いつでも行けるのですが、
会ってしまうと長居してしまいそうで…。

保育士もそうらしいですが、
介護職も本当に給料が安いので、
無資格で介護業界に入り、介護福祉士も取得したものの給料の安さから資格を捨てたようなもんです。

給料次第で資格を無駄にしてしまいましたが、給料が上がれば考えたいです。

ブランクも心配ですし、新たな入居者との生活になるとは思いますが…